上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショールの房を切りそろえた時にでる毛糸。

もったいない、もったいない。
捨てるのなんて、もったいない。。。。

0003_20130214125158.jpg

いらないものは、ばんばん捨てますけど(笑)
織りあがったら、織り機からはずし、両房の処理をする。
房の処理、色々な方法があるみたいだけど、今回はフリンジをしていく。
少し長めに切りそろえた房をくしでとき、4本ずつクルクル巻き、8本まとめて反対側にクルクル巻き、結ぶ。
ん・・・説明も難しいが、フリンジを作るのもなかなか難しい作業。
反対に巻いてしまったり、数を間違えたり・・・・まあとにかく時間がかかる。
彼女に大半をやってもらい^^;無事完了^^

次は洗う作業。
熱い湯に粉洗剤を入れて、ごしごし押し洗いをする。
糸に機械油がしみ込んでいるので、それを洗う。
汚れた水を捨て再び洗う。
この作業でウールが縮んでいく。
ごしごし洗っていくと、圧縮されてフェルト化していく。
雑な織り目や、伸びた糸も全く目立たなくなっていた。

彼女の「気にしない、気にしない」の言葉に納得^^

ごしごし洗いが終ると、ウール用洗剤と柔軟剤でふんわり仕上げる。
天日干しして乾いたら、フリンジの結び目を切りそろえ、アイロンをゆるめにかけて出来上がり♪

織っている時はアフリカの民族衣装のような色合いだったが、洗いをかけると色が落ち着き北欧ぽい感じになった。

初めての織り。
大満足なショールが出来上がりました^^

0001_20130213131257.jpg

色んな事をやってる彼女。
色んな事してるけど、全部真剣に一生懸命取り組んでいる。
ぱっと見はさらっとこなしているように見えるけど。
すごく勉強して、努力している。

彼女から色んなものをもらってます。。。。
「今年の誕生日プレゼントは自分でショールを織ってみん?」
嬉しすぎるプレゼント。。。。

まずは糸選び。
初心者でも粗が目立ちにくいウールのツイードの中から、好きな色を選ばせてもらう。
色の組み合わせのアドバイスを聞きながら、織りあがったショールを思い浮かべながら選ぶ。
この時間、楽しい。

糸が決まったら、卓上織り機で説明を受けながら色を考えながら、縦の糸を張っていく。
織り始める前の準備。
地味だが大切な作業。
これがきちんと出来てないときれいに織ることが出来ないらしい。

やっと、思い浮かべてた織る作業に入る。
色を考えながら、横糸を入れていく。
最初は緊張しながら、すごく考えながらの作業。
ここまで一緒にやってもらって、後は宿題。

一人で大丈夫かと不安だった。
間違えた所や、糸が伸びた所もあったが、「気にしない、気にしない」彼女の言葉に励まされ、どうにか最後まで織りあげることが出来ました^^

0002_20130207152456.jpg

でも・・これで終わりではなかった。
続きはまた。。。。
2月はいつになく予定が色々入っている。
まあ週に2、3日くらいなんだけど、1か月に1日の予定で満足してしまう私にはちょっと忙しいと感じる。

ショートにもかかわらず、11月の終わりから美容院に行ってなかった。
そろそろ行った方がいいよね・・と予定の合間に美容院に予約を入れていた。

その前の晩、美容院からメールが。
「担当の者がノロウイルスにかかったので、予約を変更してください」と・・・・

え~~~、せっかく予約したのに~~~また日にち調整しなくちゃいけないなんて、めんどくさ~~~
こう思った非情な女です・・・・

ふいに空いた一日。
家事もきちんと出来て、久しぶりの昼寝もして、ちょっとお疲れモードだった体も回復!

あ~。。美容師さんがノロウイルスでよかったかも~
と思ったやっぱり非情な女でした^^;

0005_20130131132059.jpg

美容院に行くから、今晩は外食にしようと思ってた。
久しぶりに餃子が作れた。
お金も時間も体のためにも、よかったよかった^^

思い通りにならない事、後になればそれはそれでよかったと思える事かも。。。。
友達とご飯を食べながら、家の近くに素敵なお花屋さんがあると嬉しいよね~と話した。
ちょこっと寄って、ちょこっと買って、ちょこっと生ける。
常になにげない花がさりげなくある家。
憧れます。。。。。

で。。車でですが、ちょこっと寄って、ちょこっと買って、ちょこっと生けてみました^^

0001_20130127140108.jpg
 
友達と選んだ花もお揃い^^
どこまでも趣味が一緒なのね。。。。(笑)

feuillage

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。