上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
織りあがったら、織り機からはずし、両房の処理をする。
房の処理、色々な方法があるみたいだけど、今回はフリンジをしていく。
少し長めに切りそろえた房をくしでとき、4本ずつクルクル巻き、8本まとめて反対側にクルクル巻き、結ぶ。
ん・・・説明も難しいが、フリンジを作るのもなかなか難しい作業。
反対に巻いてしまったり、数を間違えたり・・・・まあとにかく時間がかかる。
彼女に大半をやってもらい^^;無事完了^^

次は洗う作業。
熱い湯に粉洗剤を入れて、ごしごし押し洗いをする。
糸に機械油がしみ込んでいるので、それを洗う。
汚れた水を捨て再び洗う。
この作業でウールが縮んでいく。
ごしごし洗っていくと、圧縮されてフェルト化していく。
雑な織り目や、伸びた糸も全く目立たなくなっていた。

彼女の「気にしない、気にしない」の言葉に納得^^

ごしごし洗いが終ると、ウール用洗剤と柔軟剤でふんわり仕上げる。
天日干しして乾いたら、フリンジの結び目を切りそろえ、アイロンをゆるめにかけて出来上がり♪

織っている時はアフリカの民族衣装のような色合いだったが、洗いをかけると色が落ち着き北欧ぽい感じになった。

初めての織り。
大満足なショールが出来上がりました^^

0001_20130213131257.jpg

色んな事をやってる彼女。
色んな事してるけど、全部真剣に一生懸命取り組んでいる。
ぱっと見はさらっとこなしているように見えるけど。
すごく勉強して、努力している。

彼女から色んなものをもらってます。。。。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。