上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘の家庭訪問があった。
今まで、息子の先生も娘の先生もいい先生だったと思う。
親が先生に不信感を感じるのはよくないと思うから、いい先生と思うようにしてる。

しかし、初めてとてもつもない不信感を抱いてしまった。
娘の先生、私と同じ歳くらいの男の先生。
見かけは髭ボウボウ、清潔感はない・・・・威圧感を感じる・・・・
子供の自主性を尊重するというその先生。
でもどうにも子供を信じてない、やさしさを感じない。
こんなんで、尊重できるのかと思った。

この先生に言われた娘の感想。
「とっても頑張ってます。すごく助けられてます。
でも、ずっとこの頑張りが続くとは思ってません。
疲れるでしょうから。」
と・・・・・
うちの娘、無理して頑張りはしない。
頑張って、褒められるのが嬉しくって楽しんで頑張ってる。
それに適当にサボってもいる。
まだ初めだから、そこまで理解してるとは思わないが、余計なことだ。
今までの先生は上の一行で終わっていた。
自分が思ってるのはいい、それを私に言うな。
いや、娘には絶対に言うな!

その後の会話にもはっ!?って思うことが多々あった・・・・
笑顔で絶えた私は、終わってから悶々としていた。
初めてだった、こんな不快な家庭訪問は・・・・

0004_20120420111503.jpg

まあ娘は面白い先生だと気に入ってる。
だから、いい。
うん、いい。

コメント


確かに、後ろ2行はいらんことだね~。
先生の「ありがとう」「助かるよ」の一言で
子どもはものすごくうれしいのに。
ただそれだけなのに。
なんか悲しくなってきたなぁ。。。T_T

soraちゃんもよく耐えたね。
1年間、先生がいらんことを言わないことを
祈るよっ。(苦笑)


chiriちゃんへ
遅くなってすまぬ^^;

いらんことよね~~~!?
何だか変わりもん。
私とは合わんタイプの変わりもん^^;

なるべく関わらんようにしとくわ(笑)
また連絡するね~^^


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。