上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の夕食のメニュー。

人参と鶏肉のスープ
ゴボウと豚バラの炒め煮
ほうれん草の白和え
かぼちゃの煮物
ブロッコリー、トマト
スープの人参は山本ファミリー農園さんの人参。
とっても甘くって美味しい。
その人参を使ったスープの作り方を教えてもらったので、作ってみた。
ちょっといい鶏肉(笑)と干しておいた大根も入れて、コトコトコトコト。。。。
味付けは塩のみ。
とってもやさしい味のスープ。
人参がまた美味しすぎる。。。。

ゴボウ、これも山本ファミリー農園さんの大浦太ゴボウ。
とっても太くて大きいゴボウ。
味付けはみりんとしょう油、仕上げにごま油をたらり。
ゴボウがまた美味しすぎる。。。。

ほうれん草の白和えは母が作ったもの。
ほうれん草は実家の小さな畑で出来たもの。
多分、味付けはしょう油と砂糖と塩、味りんも入れてるのかな?
母の料理は味付けが濃い。
でも豆腐が入ってるから、味付けが抑えられている。
ほうれん草がまた美味しい。

かぼちゃの煮物も母が作ったもの。
かぼちゃはスーパーで買ったもの。
味付けは砂糖、味りん、しょう油かな?
味が濃い・・過ぎる・・・・・

ずっと食べてた母の料理。
だから私の作る料理も母の味に近づけるように作っていた。
結婚して旦那に味が濃いい・・・と言われ初めて濃いいの?って思った。
それからだんだん旦那の好みにしようと頑張って(この私も最初は可愛かった 笑)薄味を目指した。

母曰く、味が薄いのは料理が下手な人。
確かに味が薄いのは美味しくない。
でも新鮮な素材で丁寧に作られた料理はシンプルな味付けでもとっても美味しい。
薄味じゃなくてちゃんと素材の味がする料理ができる人がほんとの料理上手なのかもしれない。

料理教室「おいしいテーブル」に参加するようになり、料理の腕も多少は上がったと思うけど^^;
私の料理に対する意識は随分高まった。
うれしいことです。

娘にちゃんとした母の味を伝えられるように頑張ってみよう。。。。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP |